Economics and finance infographic. Investment projects. Banks. Elements for creating your own infographic. Vector illustration

About Us

70億人超の世界人口の約6割を占め、経済成長著しいアジア。各国の首都をはじめとする数々の都 市と産業 がダイナミックな発展を遂げつつあります。その一方で、気候変動に伴う自然災害、人口増加に伴う食糧危 機と食糧廃棄、利益主導の経済開発の激化がもたらす環境汚染、過度な資本主義 市場メカニズムに起因す る貧富の拡大、貧困の連鎖による教育・医療・安全へのアクセスの断絶、 児童労働、男女の機会不平等を含 む人権問題など、多くの社会課題が顕在化しています。 私たちは、アジア社会が直面する複雑かつ様々な課 題の解決に『持続・有機・倫理(サスティナブル・オーガニック・ エシカル)』な思想が不可欠と考えています。

また、オーガニックの本質が「地球への負荷がかからない状態」として捉えると「社会コストがゼロの状態」と再定義することができます。例えば、一つの商品が生産され、使われ、廃棄や利活用される、という一連のプロセスについて考えてみましょう。このプロセスにおいて、社会コストが 0になる仕組みを取り入れながら本質的付加価値を創造することによって、人も地球も持続可能性が高まります。この考えは、新たな人類発展の道標にもなり、SMART ASIAが形成される大きなキッカケとなるでしょう。SMART ASIAとは、アジアの未来を持続可能なものにするイノベーションやソーシャルインパクトを生み出すチェンジメイカーたちが絶えず生まれ、育まれる場です。

『SOCIAL_COST_O』の考え方が、私たちのライフスタイルに浸透することを目指す長期的なアクション “a Positive from O”は、新たなダイバーシティ、経済や都市の発展の道標にもなります。そのエネルギーが、100万人規模のソーシャルインパクトを生み出す瞬間を共に歩んでまいりたいと考えております。

VISION
『SOCIAL_COST_0』の考え方を広め、持続可能なアジアの未来をつくる
MISSION
『SOCIAL_COST_0』な視野を持ち、”a Positive from 0”の本質的価値を追求するチェンジメイカーたちをエンカレッジする
VALUE
『SOCIAL_COST_0』な概念と手法によって、100万人規模のソーシャルインパクト”A POSITIVE from 0” をもたらすチェンジメイカーたちのポテンシャルを最大限引き出す

Story

ストーリー

OASISBANK(ORGANIC ASIA SUPER INNOVATIVE SUPPORTERS) は、2016年5月に設立された一般社団 法人です。設立の発端となったのは、2015年6月。IFOAM ASIA(世界有機農業アジア連盟)に、日本代表 理事、またアジア初の女性理事として就任した大石リカ・デリシャスの呼び掛けで日本の若きアントレプレ ナー達を集めたことです。そのチームは、大石がIFOAM ASIAを通じて知ったアジア各国の有機農業と一次 産業を通した国家戦略と実態、そして日本国内の政治・農業政策における膨大な課題を知り、アジア地域の持続可能な社会形成のために貢献したいと考えました。

OASISBANKの活動は、ファンド運用、政策支援、人財育成の3つを柱とし、アジアのチェンジメーカーへ の資金提供、オーガニックシティーコンセプトの政策提案と実行支援、『オーガニック・エシカル・サステ ナブル』な考え方を持つダイバーシティプログラムの開発になります。その実現のため、OASISBANKは、 現役の第一線で活躍する熟練のアントレプレナー達を主軸に多様な外部プロフェッショナルの連携チームを構成しております。

Team Member

チーム メンバ

taka_oasis
田山貴教
ファンド運用
mao_oasis
坂口真生
ブランディング
torsten
トルステンフィッシャー
研究&開発、戦略
sonomi_oasis
高塚苑美
地方創生
gen_oasis
朝倉厳太郎
会計監査

OASISBANK

『SOCIAL_COST_0』の考え方を広め、
持続可能なアジアの未来をつくります。

Address
33 Tomikawa, Niseko-cho, Abuta-gun, Hokkaido, 048-1554
E-mail
contact@oasisbank.org
興味のあるプロジェクト
 MISO FUND ORGANIC CITY bPO ORGANIC HACKERS